鹿児島徳洲会病院

TEL099-250-1110(代表)

〒890-0056 鹿児島県鹿児島市下荒田3丁目8-1

文字サイズ

TEL099-250-1110(代表)

〒890-0056 鹿児島県鹿児島市下荒田3丁目8-1

診療科・部門のご紹介Section Information

臨床検査部

技師長よりご挨拶

鹿児島徳洲会病院検査室の蒲原(かもはら)と申します。
よろしくお願いいたします。
 
当院の検査室の特色について簡単にご紹介したいと思います。
当院検査室といたしましては、24時間の検査体制に加え、徳洲会グループの原点である離島・へき地での医療協力にも積極的に取り組んでいます。

その為の人材育成として、複数のグループ施設へ必要に応じ研修、派遣する事で、どこでも働けるスタッフ育成を目指しています。
さて、地域の皆様におかれましては、2021年に谷山への病院移転を予定している所では御座いますが、引き続き患者様への心の通った医療を心がけたいと思っております。
 
これからも鹿児島の方々に信頼される病院を目指し、日々精進してまいりたいと思いますので、今後とも末永いお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。
 
 
鹿児島徳洲会病院
臨床検査部
技師長
蒲原 健一

検査室のご紹介

当検査室は各診療科からオーダーされた検査を365日、24時間何時でも迅速かつ正確な検査を行っております。
オーダリング運用により電子カルテ上で全ての検査結果が照会できるようになっております。

検体検査部門

患者さんの体から採取された血液や尿、髄液・腹水・胸水などの検体を使用し、異常がないか検査していきます。特に貧血がひどい時などは輸血という治療が行われますが、その時にも輸血が行えるかどうかの検査もここで行います。輸血部門の紹介としては輸血管理料Ⅰを取得し、患者様に安心・安全・適正な輸血療法を行っています。

また、“自己血療法”も行っており、たとえば「手術までに余裕がある」、「通常の輸血に抵抗がある」など、自己血に適応である方は“自己血貯血・輸血”も行っておりますので是非ご相談下さい。

生理検査部門

心電図やエコー(超音波)の検査が主に行われていますが、エコーの検査は体への影響もなく簡単に行われる検査として重宝されています。
領域も腹部や心臓、頚動脈、下肢動静脈、上肢動静脈と幅広く検査できるようになっています。ほとんど痛みも無く色々な検査ができます。

外来患者の採血を行う採血コーナー

日・祭日を除く午前中(8:00~12:30)に対応しています。 午後以降は総合外来処置室にて実施しております。

ちょっと得する福袋

ちょっと得する福袋はこちらから
http://kagotoku.tokushukai.or.jp/section/clinical/tokufuku/

新人体験記

臨床検査部 亀澤

私が鹿児島徳洲会病院に就職したいと思った理由は大きく分けて2つあります。

1つ目は地元の医療に貢献したいと思ったからです。徳洲会病院は離島・僻地医療に力をいれており、離島を多く有する鹿児島出身の私は、その姿勢にとても感銘を受けました。

2つ目は検査技師として様々な技術や知識を身につけることが出来るということです。検体検査はもちろんのこと、脳波などの神経生理やエコー検査など、完全に分業している病院では学べない検査について幅広く知ることが出来ます。

実際に就職してから約1年半が過ぎましたが、想像以上のとても充実した日々を送っています。検査の質を高めるための勉強会の参加や、離島への応援など多くの貴重な体験をさせて頂いています。

検査室の雰囲気もよく、働きやすい職場です。鹿児島徳洲会病院に就職してよかったと心から思っています。

臨床検査部 柴田

はじめまして。私は去年新規採用で入職したばかりで、検査技師になって2年目です。

私は1度大学の工学部に入りましたが、大学を中退し検査技師の専門学校に入り直し、鹿児島徳洲会病院に入職しました。
当院の業務には1人での当直業務があるため、入職してからの最初の目標は当直に入れるようになることでした。1人で当直に入れる様になれるのか最初は不安でしたが、心配する事はありませんでした。入職後は数ヶ月間に渡る研修期間があり、当直に入るために必要なスキルを身につけるためのカリキュラムが完備されていました。研修期間中は先輩の技師が優しく丁寧に指導してくれます。そのおかげで私も無事当直に入ることができています。

また、私は入職してから検体検査をメインに行ってきましたが、最近は簡単な生理検査業務も教えてもらい、少しずつですができることが増えていることを実感できるので、日々の業務にやりがいを感じています。

検査部のスタッフは仕事のことだけでなく、プライベートの相談にも親身になって接してくれる人ばかりですし、今年の夏は皆でバーベキューをするなど、とても仲が良いです。仕事中もいい雰囲気で働くことができる良い環境だと思っています。

あなたも是非、鹿児島徳洲会病院で働いてみませんか?

検査機器の紹介(検体検査)

生化学・免疫

生化学・免疫自動分析装置:各臓器の機能を評価したり、腫瘍マーカー・薬物濃度・BNP(心不全の検査)・GA(グリコアルブミン)・感染症の検査を行っています。

グルコース :最大20検体連続測定可能で、低血糖発作の患者さんにも即対応出来ます。
HbA1c:過去1~2ヶ月の血糖状態を表すもので、糖尿病のコントロールに重要な検査です。
GA:過去1~2週間と比較的短期間の血糖状態を表すもので、貧血の方でも検査可能です。

生化学・免疫自動分析装置
TOSHIBA C-8000 Abbott ARCHITECT

グルコース(血糖・尿糖)
ARKRAY GA-1152

HbA1c ヘモグロビンエーワンシ―
ARKRAY HA-8180

osmo
station OM-6060

血算(CBC)・凝固・線溶系

血算:赤血球・白血球・ヘモグロビン・血小板等の、貧血や炎症反応を調べる検査です。この結果は輸血実施の判断にもなります。
凝固・線溶系 :体の中で修復の為に血液が凝固する反応と、ある一定時間後に凝固した血液を溶かしていく反応があり、その機能が正しく働いているか調べる検査です。

血算(CBC)
Sysmex XT-1800i

凝固・線溶系測定装置
Sysmex CS-2100i

一般検査

試験紙により、尿中に排出される蛋白・糖・潜血等を調べる検査です。

検尿定性
栄研化学 US-2100R

その他

動脈血ガス:動脈血を採取して、血液のpHや酸素分圧、二酸化炭素分圧を調べる検査です。呼吸状態や代謝の状態がわかります。

血液ガス
SIEMENS RAPID Point500

検査機器の紹介(生理検査)

超音波検査

心エコー:心臓の状態(大きさ・動き・弁の逆流や狭窄)や、血栓・腫瘤の有無、大動脈の異常等がないか調べます。

腹部エコー:腹部にある臓器(肝臓・胆嚢・腎臓・脾臓・膵臓・消化管(大腸・小腸・虫垂)・膀胱・前立腺・子宮・卵巣・腹部大動脈)が対象になります。その他、腹水やリンパ節の腫脹・後腹膜等も検査します。

血管エコー:頚動脈や上下肢動静脈の検査を行います。頚動脈は動脈硬化を反映しやすい血管で、壁の厚さを計測し判定します。また血流速度を測定し狭窄や閉塞がないか調べます。上下肢動静脈も同じく、血管の狭窄や閉塞がないか調べます。

PHILIPS HDI 5000

ALOKA α10・ALOKA α7

パソコン型ポータブル用エコー
GE Vivid i

循環器の検査

心電図:心臓が動く時に微弱な活動電流が発生します。その変化を波形として記録し、その乱れから心臓の変化を推測出来ます。不整脈や心筋梗塞等の心臓の変化が簡便にわかります。

エルゴメーター:心電図は安静時に記録されますが、安静時は酸素消費が少ないので、心電図の有意な変化が見られません。そこで運動負荷により、酸素消費を増加させて心電図を記録する事で、狭心症等の虚血性心疾患がわかります。

ホルタ―心電図:ホルタ―博士が考案したもので、日常活動中の心電図を長時間記録します。患者さんによっては不整脈や波形異常がたまにしか現れず、短時間の検査では異常を見つけられない場合があるので、24時間機械を付けて心電図を記録します。

心電計
FUKUDA DENSHI
CardioStar FCP-7431

エルゴメーター
FUKUDA DENSHI
Well Bike BE-350

ホルタ―心電図
FUKUDA DENSHI
Digital Walk FM-180、190

24時間装着

動脈硬化の検査

ABI(足関節上腕血圧比):下肢動脈の狭窄・閉塞を評価する指標になります。
循環器領域ではPPI(経皮的末梢血管形成術)の術後評価にも使われています。

SPP(皮膚組織灌流圧):下肢虚血の重症度を評価する検査法の一つです。

眼底カメラ:眼底は直接的に血管を観察できる場所で、高血圧・糖尿病等、血管に影響が出ることのある疾患に関して重要な検査です。

ABI(足関節上腕血圧比)
FUKUDA DENSHI VaSera VS-1000

SPP(皮膚組織灌流圧)
Vasamed PAD3000

眼底カメラ
Topcon TRC-NW6S

睡眠時無呼吸の検査

パルスオキシメーター・簡易型ポリグラフ装置:睡眠時無呼吸の疑いがある方のスクリーニング検査として使う携帯型の装置です。患者さんの自宅で検査を行えるコンパクトな機械です。動脈の酸素飽和度を連続的に測定・記録します。

ポリソムノグラフィー(PSG検査):パルスオキシメーターにて睡眠時無呼吸の疑いがある場合、病院に一泊入院して行う検査です。体に様々なセンサーを取り付け、睡眠の質(眠りの深さ等)を評価をします。また、睡眠中に起こる異常行動や不整脈などの評価も行い、他の睡眠障害や合併症がないか調べます。

パルスオキシメーター
PMP‐200GplusX

簡易型睡眠ポリグラフ装置
FUKUDA DENSHI Pulsleep LS-100

ポリソムノグラフィー(PSG検査)
PHILIPS RESPIRONICS Alice5

その他

脳波 :脳が働いている時の電気活動を捉えたものの一つが脳波です。覚醒・睡眠の判別、脳の機能障害(てんかん、意識障害等)の有無やその程度や広がり等を知る事が出来ます。

肺機能:肺機能障害の有無や肺の機能がどの程度障害されているか、または手術前検査・治療効果等を判定する為に行われる検査です。COPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断にも使用されます。

脳波
NIHONKOUDEN NEUROFAX WI‐120A

フクダ電子
SP-370COPD 肺 Per

閉じる