鹿児島徳洲会病院

創傷ケア / Foreign consultation

創傷ケア
糖尿病や血行障害による治りにくい傷は治療が必要です。

従来は治療が難しいとされていた足の慢性創傷(治りにくい傷)ですが、専門医を中心としたチームによって適切な処置を施せば、その治療は決して不可能ではありません。 鹿児島徳洲会病院では、この足の慢性創傷の治療に専門的に取り組む創傷ケアセンターをオープンしました。
長期に渡って慢性創傷に悩んできた方も決してあきらめる必要はありません。
まずは、お電話にてご連絡ください。


創傷ケアセンターとは
慢性創傷治療専門のセンターです。

創製ケアセンターは、慢性創傷を専門的に扱うセンターです。
専門的な訓練を受けた医師を中心とした医療チームにより、一般的には治療が困難とされる慢性創傷の治療に取り組みます。

通院にて、短期間で集中治療します。

創傷ケアセンターでは、外来受診による治療を基本としています。
短期間で集中的に治療を行い、また自宅での創傷処理をサポートいたします。約80%の傷が14週間程度で治療可能です。

様々な創傷に対応します。

糖尿病性下肢潰瘍、動脈硬化による潰瘍、静脈うっ滞による潰瘍など慢性創傷の原因は実にさまざまで、症状も治療方法も大きく異なります。
当センターでは様々なタイプの創傷に対応することが可能です。


創傷ケアについて

最近、糖尿病や動脈硬化の増加により、足の病気が問題になっています。
いわゆる糖尿病性下肢潰瘍、閉塞性動脈硬化症が原因で起こる潰瘍などです。
現在、日本では、これらの疾患に対応する治療成果は必ずしも良くない事が実情であり、
近年、これら難治性の慢性創傷に対する専門的な取り組みが注目されています。
そこで、このたび当院では、足の治療の先進国であるアメリカの技術を取り入れた専門外来である 「 創傷ケアセンター 」 を開設しました。
足の潰瘍が治らない、壊死のため足の切断を勧められた等、慢性の難治性潰瘍でお困りの方は、是非一度当センターにご相談ください。


創傷ケアセンターにおける治療例
創傷ケアセンターにおける治療例

受診方法
1ご予約

お電話でご予約を承ります。
TEL / 099-250-1110
「創傷ケアセンター」とお伝え下さい。

予約受付時間13:00〜17:00 月〜金(祝日除く)

2診察

医師による診察の後、必要に応じて検査を受けていただきます。
診察終了時に、次回診察をご予約ください。

3再受診

基本的に週1回、もしくは2週間に1回の頻度で通院していただきます。
場合により入院の上、検査・治療を行います。

1ご予約
創傷ケアセンターにおける治療例

足の治療の先進国アメリカのミレニア・ウンド・マネジメント社と提携し、最新の医療を提供します。

アメリカの医療コンサルティング会社であるミレニア・ウンド・マネジメント社は創傷治療の専門的なプログラムを確立しており、アメリカで大きな実績を上げております。当センターの医師や看護師はミレニア社の専門的なトレーニングを受け、その確立されたプログラムに基づいて治療を行います。

LINK ROOT : HOME > 外来受診される方へ > 創傷ケア
看護部スタッフブログ