医療法人徳洲会 鹿児島徳洲会病院

TEL099-250-1110(代表)

〒890-0056 鹿児島県鹿児島市下荒田3丁目8-1

文字サイズ

TEL099-250-1110(代表)

〒890-0056 鹿児島県鹿児島市下荒田3丁目8-1

外来・入院案内Outpatient/hospitalization information

お支払いについて

入院費用のお支払いについて

ご不明な点がありましたら、1階受付までお申し出ください

  • 月末締めのご請求書を、翌月15日までに医事課担当者がお部屋に直接お届けいたします。
  • お支払いは1階「会計」窓口になりますので、午後1時から午後5時までの間にお願いいたします。なお、お支払いは25日までにお願いいたします。
  • お支払いには各種クレジットカードもご利用いただけます。
  • 領収書は高額医療の払い戻し、所得税の医療費控除の申告等に必要ですので、大切に保管してください。
  • 領収書の再発行はいたしません。
  • ※医療費等の詳しいご説明・ご相談は1階受付窓口で対応させていただいております。
  • ※領収書の再発行は出来ません。

入院医療費の計算方法について

当院は「DPC対象病院」として厚生労働省の認定を受けています。

「DPC」とは

従来の、投薬・駐車・検査などの診療行為ごとに計算する「出来高払い」方式と異なり、入院患者様の病名や症状などをもとに、手術や処置の内容に応じて、厚生労働省が定めた1日あたりの点数を基本に医療費を計算する「定額払い」の会計方式です。したがいまして、投薬・駐車・件アナ度の診療行為を多く行う必要があった場合でも、1日あたりの包括診療費は変わりません。ただし、手術などの医師の専門的な技術を必要とする分野は、従来の出来高算定方式で医療費を計算します。

DPCによる入院費の計算方法

(包括診療費×在院日数×医療機関別係数)+ 出来高診療費 = 入院費

出来高で評価される項目について(主要項目)

  • 入院基本料等加算の一部や特定入院料(加算になります)。
  • 退院時投薬
  • 内視鏡検査・診断穿刺・検体採取など
  • 病理診断・判断料など
  • 画像診断管理加算など
  • 手術手技(薬剤・材料を含む)
  • 麻酔手技(薬剤含む)
  • 1000点以上の処置(人工透析など)

DPC・入院医療費Q&A

  • Q.「DPC」とはどういう意味ですか?
    DPCとは「Diagonisis Procedure Combination」の略で「診断群分類」という意味です。これは日本で作成された医療費請求の方法で、病名や治療内容に応じた1日あたりの包括診療費を用いて入院期間に応じた医療費を包括的にケイアンします。その包括分と医師などによる専門的な技術を要する項目(手術など)を従来の出来高計算で評価し、それらを合計して医療費を計算します。この新しい計算方式をDPCと呼びます。
  • Q.すべての患者がこの制度の適用となるのですか?
    基本的に一般病棟に入院されるすべての患者様がDPCの対象となります。しかし、DPVで定められている診断群分類に該当しないと主治医が判断した場合はこれまで通りの出来高算定によって医療費を請求させていただきます。
    次に該当する患者様もDPC対象外となります。
    • 労災・公災保険を使用する方
    • 自賠責保険を使用する方
    • 治験に参加される方
    • 平成年3月31日から引き続き入院されている方
    • 外来診療のみの方
  • Q.医療費は高くなるのですか?
    DPC診断群分類によって、従来の出来高算定よりも高くなる場合や安くなる場合があります。また、入院日数によっても、1日当たりの医療費が変わる仕組みになっています。DPCでは入院される病名や治療内容、入院日数によって医療費が変わりますので、以前同じ病名で入院されていても、全て出来高算定で計算していた時の医療費とDPCで計算した医療費を単純に比較できない場合がありますので、ご了承ください。
  • Q.医高額医療費の取扱いはどうなるのですか?
    高額医療費制度の取扱に関しては、下記をご覧ください。

お気軽にご相談ください

電話でのご相談
  • 電話番号:099-250-1110 患者様ご相談窓口まで
  • 受付時間:平日9:00~17:00 土曜日:9:00~12:00
メールでのご相談
こちらのお問合せフォームより受け付けております。
閉じる