鹿児島徳洲会病院

ちょっと得する福袋 / Inspection Information

アレルギーについて

【アレルギーとは】

アレルギーとは、特定の物質に対して体が過敏に反応し、湿疹・ぜんそく・鼻炎など、 さまざまな症状が現れる病気です。アレルギーの原因となる物質をアレルゲンといいます。 このアレルゲンは特別なものではなく、食物、ダニ、花粉、カビ、ペットなど身の周りにあるごくありふれたものです。
日本では全人口の約2人に1人が何らかのアレルギー疾患に罹患していると言われています。 これらのアレルギー疾患は近年患者数が増加していると言われています。

【アレルギーが起こるしくみ】

体内に入ってきたアレルゲンが肥満細胞の表面にある IgE抗体 と結合することによって、 この肥満細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。 これらの化学伝達物質の作用によってさまざまなアレルギー症状が現れてきます。

【症状から推測されるアレルギー疾患】

【アレルギー症状とアレルギーマーチ】
アレルギーといえば、ぜんそくや花粉症、アトピー性皮膚炎が有名ですが、 これらの症状が加齢とともに形を変えて次々と現れることがあります。 このような場合、症状が進行していくことからアレルギーマーチと呼ばれています。 例えば、乳幼児期は食物アレルギーを発症し、2歳でアトピー性皮膚炎・3歳で小児喘息・ 7歳でアレルギー性鼻炎というふうに、アレルギー症状が年齢と共に変化し、 悩まされるといったことがしばしば認められます。

【検査】

血液検査
非特異的IgE検査・・・不特定のIgEの合計を調べる検査
特異的IgE検査・・・・・ある特異的なアレルゲンに対するIgEを個別に調べる検査
(例えば、小麦、トウモロコシ、米、ゴマ、ソバで穀物系でセットになったものや スギの様に1項目から指定できるものなど、その他様々なものがあります。)
アレルギーの中にも色々なタイプが存在しますが、そのうち代表的なものがIgE抗体を介したアレルギーです。
血液検査では、このIgEの量を調べることでアレルギーの有無や程度を知ることができます。
IgEはさまざまなアレルゲンに対して無数に存在するため、例えばダニやスギに対するIgEを調べてそれらが高ければダニ、スギに対してアレルギーがあると考えられます。
このように、ある特異的なアレルゲンに対するIgEを個別に調べることを、特異的IgE検査、 それに対して不特定のIgEの合計を調べる検査を非特異的IgE検査と呼びます。

◆生体反応
※皮膚反応によるIgE定性・定量(スクラッチテスト、プリックテスト、皮内テスト、等)
※誘発反応によるIgE定性・定量(鼻誘発反応、気管支抗原吸入誘発試験、点眼誘発試験、経口負荷試験、等)
※健康保険の範囲内で測定できるアレルゲン数は、測定方法によっても異なります。   主治医とよく相談して検査するアレルゲンを選びましょう。
【アレルギーの主な治療】
@アレルゲンの回避、除去
アレルギー疾患では第一の基本的治療です。
A減感作療法(抗原特異的免疫療法)
少量のアレルゲンを徐々に増量しながら体内へ摂取させ、アレルゲンによる過敏性反応を減少させる方法です。 具体的には、反応を起こさない程度に薄めたアレルゲンを皮膚に注射することを繰り返し、 徐々に濃度を高くしていく方法です。 この方法を続けていくとアレルゲンが入っても反応を起こさなくなっていきますが、 この状態になるまでに長い時間がかかるため、根気よく治療する必要があります。 また、全ての人に効果が あるわけではありませんので医師にご相談下さい。
B薬物療法
※コントローラ(予防維持薬):ステロイド剤(吸入)、抗アレルギー薬
※レリーバ(対症救急薬):短時間型β2刺激薬、エピネフリン、ステロイド薬(経口、注射)、  テオフィリン薬、抗コリン薬、抗ヒスタミン薬
LINK ROOT : HOME > 検査 > ちょっと得する福袋 > アレルギーについて
看護部スタッフブログ