鹿児島徳洲会病院

病院情報の公表 / Guide of Hospital

平成28年度 鹿児島徳洲会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0〜 10〜 20〜 30〜 40〜 50〜 60〜 70〜 80〜 90〜
患者数 23 51 69 131 187 438 372 504 210
平成28年度に退院した一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の患者数を示しています。
当院では、70歳以上の高齢者が1086名(全体の54.5%)と最も多くなっておりますが、急性期・回復期及び慢性期医療または介護まで幅広く、患者中心の適切な医療を提供すべく日々精進しております。


※10未満の数値の場合は、ー(ハイフン)を記入。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081XX99X00X 誤嚥性肺炎 66 89.14 22.5 13.64 81.77
110310XX99XX0X 腎臓または尿路の感染症 45 18.2 13.1 0 77.16
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 28 17.67 15.8 0 57.67
050130xx99000x 心不全 17 25.65 19.7 11.76 82.59
100380xxxxxxxx 体液量減少症 17 25.47 10.6 0 77.24
内科の症例で最も多いのは誤嚥性肺炎によるもので症状が比較的重症化になりやすい高齢者の入院が多くなっておりますが、近年若年層の糖尿病の教育、合併症治療の入院が増加してきております。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 17 3.72 7.2 0 62.22
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 15 12.87 12.7 0 83.27
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 8 9.25 11.2 37.5 58.75
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 8 6.88 7.4 0 64.75
060090xx02xxxx 胃の良性腫瘍 7 6.57 7.6 0 66.43
当院では消化器科(外科含む)の症例が増加傾向に有り、その中でも直腸腫瘍や胆石等による症例が多くなってきております。
また早期の癌による手術から化学療法、終末期の緩和ケアの必要な場合まで幅広い治療を実施しております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 16 19.56 19.7 12.5 69.19
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 5 2.4 3.6 0 71.4
050170xx03001x 閉塞性動脈疾患 5 6.4 9.7 0 69.6
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 3 6 5.5 0 57.67
050070xx99000x 頻脈性不整脈 3 20.33 8.7 0 83.33
当院では高齢者の心不全が最も多い症例となってますが、近年閉塞性動脈疾患の症例が増加傾向に有ります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 30 91.97 22.9 6.67 80.8
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 28 80.54 29.6 25 83.11
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 11 74.09 18.8 9.09 73.18
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 7 28.29 11.5 0 76.29
160980xx99x0xx 骨盤損傷 7 52.29 22.3 14.29 84.14
当院では急性期の治療、手術はもちろんのこと、回復期の集中的なリハビリまで実施し、退院後の生活に不安なく過ごせるよう環境を整えております。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99020x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 60 9.79 14.1 17.54 74.36
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 31 13.84 14.1 10 65.57
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 27 4.33 6.4 3.7 58.89
110280xx01x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 24 20.72 26.9 13.04 57.33
110200xx97xxxx 前立腺肥大症等 17 6.06 11.1 5.88 80.06
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080011xx99xxxx 急性膿皮症 4 22.25 12.4 0 72.25
080150xx97xxxx 爪の疾患 4 20.75 6.0 0 53.5
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 3 10 4.6 0 77.67
080250xx99x0xx 褥瘡潰瘍 3 356.67 32.0 0 85.67
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 2 32.5 12.6 0 65
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 9 139 21.9 33.33 75.11
010060x2990210 脳梗塞(脳卒中発症3日以内、かつ、JCS10未満未満) 3 82.67 20.0 0 78.67
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 3 83.67 10.3 0 72.33
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 2 110.5 13.0 0 72.5
010060x0990200 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満未満) 2 121.5 20.0 0 78.0
当院では急性期の治療、手術はもちろんのこと、回復期の集中的なリハビリまで実施し、退院後の生活に不安なく過ごせるよう環境を整えております。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 0 1 22 0 0 1 7
大腸癌 5 11 3 28 0 0 1 7
乳癌 0 1 0 0 0 0 1 7
肺癌 3 0 0 1 2 1 1 7
肝癌 1 1 3 1 2 0 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃癌、大腸癌、乳癌、肺癌、肝癌の人数を初発のUICC病期分類別および再発に分けて集計しています。
当院では特に大腸癌の症例が多いですが、近年胃癌の症例が増加してきております。
早期の癌による手術から化学療法、終末期の緩和ケアの必要な場合まで幅広い治療を実施しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 10 13 56.3
中等症 34 41.97 78.76
重症 11 43.82 87.82
超重症 6 107.33 74.67
不明 0 0 0
肺炎の重症度別の患者数、平均在院日数および平均年齢を示しています。
当院では重症度の低い方から高い方までいらっしゃいますが、軽症の患者様の平均年齢と比べて中等症〜重症例では平均年齢が高齢者の年齢層が多く、年齢と共に重症化しており、当然ながら在院日数も長くなっております。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 9 6.11 80.44 0
その他 1 4 78 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 29 192.07 82.86 8.11
その他 8 133.25 72.13 5.41
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 1 15 78 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 162 82 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
当院ではI63$(脳梗塞)に分類される症例の割合が高く、特に発症日から3日以内の急性期脳梗塞が全体のおよそ60%にあたります。
急性期の治療と回復期のリハビリを集中的に行いますが、平均年齢は80歳と後期高齢者の割合が高く、入院期間が長くなる傾向にあります。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 38 0.34 2.71 2.63 63.63
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 1.35 18.82 5.88 86.18
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 11 0.27 2.73 0 60.45
K6534 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(その他) 7 0.43 5.14 0 66.43
当科では、近年の健康志向の方が増え続けており、人間ドックや健診受診者の増加に伴い、胃や大腸のポリープ切除が増加傾向にあります。
この背景の一つには少子高齢化社会と言われる現代において、ますます健康でありたい、いつまでも今と同じような元気を保ちたいという願い等、健康に対する関心が強まっていると言えると思われます。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 21 10.67 78.1 19.05 83.19
K0821 人工関節置換術(膝) 14 16.57 90.57 0 70.86
K0811 人工骨頭挿入術(股) 8 6.63 60 37.5 80.13
K0462 骨折観血的手術(前腕) 7 5.43 39.86 14.29 80.29
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 4 13.5 52.5 0 57.75
整形外科では高齢者の大腿骨折に対する手術が多く、術後回復期リハビリにて集中的なリハビリを実施しておりますが、平均年齢も80歳を超えており入院が長期化する傾向にあります。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 13 88.23 154.46 23.08 75.92
K386 気管切開術 4 44.25 328.75 25 83.25
胃瘻造設とは経口摂取が不十分な方、あるいは誤嚥性肺炎の危険がある方、または胃内容の停滞を呈する方に対して、腹壁から直接胃内に到達する経路を造設し、栄養管理や胃内容の減圧をします。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 13 2.31 4.38 0 70.15
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 3 3 2 0 57.67
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 2 0.5 2 0 53
近年閉塞性動脈疾患の症例が増加傾向にあり、それに伴う四肢の血管拡張術・血栓除去術の件数が最も多い件数になっております。
四肢の血管拡張術・血栓除去術はその名の通り主に四肢動脈の閉塞病変が対象となり、血管の狭窄または閉塞部を拡張する手術であるが、人工血管吻合部狭窄の治療でも行われます。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20 1.84 8.53 15.38 66.8
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 10 1.1 5.2 10 67.3
K6335 鼠径ヘルニア手術 7 0.71 4.57 0 64.57
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 7 0.71 4.29 0 30.43
当科では、胆道疾患等に対して行う内視鏡下胆道ステント留置術の症例数が消化器科で多くなっていますが、この手術は胆石症に対する前段階として行われることも多いため外科での胆嚢摘出術が多くなっております。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0
異なる 3 0.16
180010 敗血症 同一 11 0.58
異なる 24 1.26
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.05
異なる 1 0.05
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 1.47
異なる 5 0.26
当院での敗血症に関しては胆道系、尿路系、呼吸器系等の感染症で入院し、全身状態が悪化して重篤な病態になってしまった症例が多く、
手術・処置等の合併症についてはDPC病名と入院契機病名が同一である症例で、人工関節の感染や、手術後の手術創や腹腔内に感染が起こってしまう合併症を主訴として入院されるケースの患者様も受け入れています。
当院では手術や処置などを行う際には合併症を起こさないように細心の注意を払って施行しておりますが、それでも起こりうる合併症については事前に、可能な限り説明したうえで、手術や処置の施行に同意をいただくよう努めています。
更新履歴
LINK ROOT : HOME > 病院のご案内 > 病院情報の公表
看護部スタッフブログ