鹿児島徳洲会病院

回復期リハビリテーション病棟 / Rehabilitation

当院回復期リハビリテーション病棟とは

脳卒中・術後や肺炎後の廃用症候群・下肢の骨折などにより身体機能が低下した後もより高度なリハビリテーション治療を受けることの出来る専門病棟です。
患者様のADL(日常生活動作)の向上を目標に1日も早い在宅復帰・社会復帰の為、スタッフ全員で取り組んでいます。

リハビリスタッフ数

リハビリスタッフ
  • 理学療法士 16名(うち病棟専従3名)
  • 作業療法士 12名(うち病棟専従2名)
  • 言語療法士 3名

病棟専従ソーシャルワーカー

  • 1名
    介護保険制度や経済的問題、退院後の生活や職場復帰への不安など様々な相談に応じます。

看護・介護スタッフ

看護・介護スタッフ
  • 看護師 8名
  • 准看護師 4名
  • 介護福祉士 2名
  • 看護助手 2名

回復期リハビリテーション病棟 入棟〜自宅退院の流れ

入棟〜自宅退院の流れ
※1 回復期リハビリカンファレンスは毎日行い、ケースによっては必要に応じた検討会を行っています。
   各職種で情報交換しながら、リハビリテーション目標、援助方法を話し合い、よりよい効果が上げられるよう努めています。
※2 家屋調査は対象に合わせて調査しています。
LINK ROOT : HOME > 回復期リハビリテーション病棟
看護部スタッフブログ