鹿児島徳洲会病院

メタボ外来 / Foreign consultation

メタボ外来

生活習慣病と呼ばれている主な疾患に、『肥満症』、『高血圧』、『糖尿病』、『高脂血症』などが あります。
これらの疾患は個々の原因で発症するというよりも、肥満、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満が犯人であると考えられています。
内臓脂肪蓄積により、さまざまな病気が引き起こされた状態を【メタボリックシンドローム】とよび、注目されています。
現在、日本でもメタボリックシンドロームの患者さまが増加傾向にあり、将来ではさらに多くの方がメタボリックシンドロームにかかる可能性が高いと言われています。
厚生労働省の平成16年国民健康・栄養調査によると、40〜74歳において、男性の2人に1人女性では5人に1人がメタボリックシンドロームか、その予備軍であることが報告されました。

メタボリックシンドロームの原因となる内臓脂肪の蓄積は、動脈硬化や動脈硬化につながる生活習慣病を引き起こします。

【動脈硬化による循環器病】
心筋梗塞、狭心症、脳卒中、閉塞性動脈硬化症など

メタボ外来では、メタボリックシンドロームの患者さま・予備軍である患者さまの将来の生活習慣病の予防、また動脈硬化による循環器病を予防するために、日々取り組んでおります。
定期的な検診、診察を受けて頂けますように・・・。

LINK ROOT : HOME > 外来受診される方へ > メタボ外来
看護部スタッフブログ