鹿児島徳洲会病院

診療科紹介 / Foreign consultation

鹿児島徳洲会病院の診療科目をご紹介いたします。

外科・消化器外科

診療内容

鹿児島徳洲会病院外科・消化器外科は消化器・肝胆膵外科手術を中心に乳腺・甲状腺外科手術、これら領域の悪性腫瘍の化学療法、腹部・骨盤部外傷まで、幅広く診療を行っています。
2016年4月より本田一郎が新院長として着任いたしました。上部消化管外科、特に胃癌が専門です。これまでも非常勤で手術指導をしておりましたが、常勤となり、さらに上部消化管外科診療の充実を図って参ります。
同じく5月より当院消化器内科に常勤として福田容久が着任しております。以降、当院で診断し手術となる消化器疾患が飛躍的に増えています。特に大腸癌は2015年の5例に対し、2016年は14例、胆嚢摘出術は11例が31例と3倍近くに伸びています。さらに以前は緊急胆道内視鏡処置は外科で行っていましたが、これも消化器内科で行うようになり、外科は手術に専念できるようになりました。
2016年から新たに毎週の術前・術後カンファレンスに医師・看護師以外の多職種が参加するようになりました。他所ではまだあまり行われていませんが、リハビリと栄養科・NSTの参加がポイントとなっています。リハはリハスタッフが自律的に術前に周術期リハの必要性についてスクリーニングを行い、それに従ってリハ介入を行うシステムとなりました。栄養科・NSTも同様に周術期の栄養障害スクリーニングと介入を行なっています。高齢者の消化器外科手術はADLの低下やサルコペニア嚥下障害をきたしやすいのですが、リハと栄養科・NSTの積極的介入によりそうした合併症を最小限にしています。

このほか、2015年7月より立野太郎が医長として着任以降、積極的に腹腔鏡下手術を導入しています。2016年は虫垂切除術15例中13例(87%)、鼠径ヘルニア手術12例中10例(83%)を腹腔鏡下に行っており、腹腔鏡下胆嚢摘出術においても開腹移行が大幅に減少しました。
また鹿児島県内でも施行施設が少ない腹腔鏡下腹壁瘢痕ヘルニア手術を導入し、積極的に行っています。大腸癌手術では、当院は高度進行癌が多いために腹腔鏡下手術の適応外となる症例も多いですが、2016年は14例中6例(43%)を腹腔鏡下に行いました。
2016年9月からはハイビジョン腹腔鏡システムとエネルギーデバイスThunderbeatを新規導入しています。
これまでは1日に複数の緊急手術が入るとそのすべてに腹腔鏡下手術で対応することができませんでしたが、新しい腹腔鏡システムの導入によりこれが可能となりました。その後,1日で最大4件の緊急手術(すべて腹腔鏡下手術)の実績があります。
肝胆膵領域においては立野が肝胆膵外科専門ということもあり、肝切除や膵胆道系悪性腫瘍手術も当院で行っています。 2017年、鹿児島徳洲会病院外科はさらに安全で低侵襲な手術をすすめて参ります。

2016年 鹿児島徳洲会病院外科 手術統計

総手術件数 152件
全身麻酔 104件
脊椎麻酔 1件
静脈麻酔(内視鏡下手術) 17件
局所麻酔 30件
食道  
食道裂孔ヘルニア手術(経腹) 1件  
直接喉頭鏡下食道異物摘出術 1件  
 
内視鏡的胃瘻造設術 5件  
小腸   (鏡視下)
腸管癒着症手術 2件  
小腸切除術 7件  
小腸悪性腫瘍手術 1件 (1)
虫垂   (鏡視下)
虫垂切除術(良性) 15件 (13)
結腸   (鏡視下)
人工肛門造設術 2件  
人工肛門閉鎖術 1件  
回盲部切除術 1件  
結腸半側切除(SMA血栓症) 2件  
結腸悪性腫瘍手術 5件 (3)
直腸・肛門   (鏡視下)
低位前方切除術 7件 (3)
腹会陰式直腸切断術 2件  
痔核根治術 2件  
肝臓  
経皮的RFA 1件  
開腹RFA 1件  
肝部分切除術 1件  
肝亜区域切除術 1件  
胆道   (鏡視下)
胆嚢摘出術(良性) 31件 (23)
総胆管結石手術 1件  
内視鏡的逆行性胆道ドレナージ 11件  
胆管メタリックステント留置術 3件  
内視鏡的総胆管結石截石術 2件  
内視鏡的乳頭切開術 1件  
膵臓  
膵体尾部切除術 1件  
腹膜・腹壁   (鏡視下)
【急性汎発性腹膜炎】
胆嚢穿孔
虫垂炎穿孔
大腸穿孔

1件
1件
3件
 
【ヘルニア】
鼠径ヘルニア手術
腹壁瘢痕ヘルニア手術
内ヘルニア手術

12件
2件
1件
(10)
(2)
乳腺  
単純乳腺全摘 1件  
Auchincloss手術 1件  
その他  
リンパ節生検 1件  
肝生検 1件  
下肢静脈瘤ストリッピング 1件  
CVポート造設 8件  
CVポート抜去 4件  
気管切開術 8件  
胸腔ドレナージ(膿胸) 3件  

2016年 鹿児島徳洲会病院 → 徳之島徳洲会病院 外科応援手術統計

現在、徳之島徳洲会病院は外科常勤医が不在のため、全国の徳洲会病院から外科医が応援を行っています。
当院も徳之島徳洲会病院より予定手術の依頼を受け、応援手術を行っています。
件数 11  
  (鏡視下)
胃全摘術 1件  
幽門側胃切除術 2件 (2)
虫垂   (鏡視下)
虫垂切除術(良性) 1件 (1)
直腸・肛門   (鏡視下)
高位前方切除術 1件 (1)
低位前方切除術 1件 (1)
胆道   (鏡視下)
膵・胆管合流異常分流手術 1件  
胆嚢摘出術(良性) 2件 (1)
その他    
自然気胸手術 1件 (1)
試験開腹術 1件  

2016年 鹿児島徳洲会病院外科 学会発表等

立野太郎、中村彰、本田一郎:回盲部腸重積症で発症した回腸アニサキス症の1例。
第78回日本臨床外科学会総会、東京都、11月24日、2016。
担当医師 : 本田 一郎 / 中村 彰 / 立野 太郎
LINK ROOT : HOME > 外来受診される方へ > 診療科紹介
看護部スタッフブログ